Mobile museum 001とメディアの傾向性


溜池山王の赤坂インターシティに、東京大学総合研究博物館の「Mobile wholesale MLB jerseys museum Bourtange 001」がある。興和不動産が東大博物館に3年間にわたる寄付を行い、東大の学術標本をパッケージ化して企業のオフィス空間に出現させるというプロジェクトである。企業側にとっては文化活動にもとづくイメージアップとして、大学側にとっては新しい展示手法の実験として、双方に利益があるものだという。

ミュージアムというのは非常に特殊なコミュニケーションの場である。一般的に、これまでのミュージアムは世界の“知”や“美”を一つの場所に収集し、保存することで、ある種の権力性を帯びた場として機能してきた。カナダのメディア論者ハロルド・イニスの言葉を借りれば、ミュージアムは“時間の傾向性”を持ったメディアだったのである。今回のMobile Workshopとステレオタイプ museumは、一箇所に集まっていたミュージアムの“知”や“美”を流動化することで“空間の傾向性”を取り戻し、ミュージアムの権力性を解体する試みであるということができるかもしれない。

しかし、実際に赤坂インターシティに行き、行き交う人にインタビューを行ってみると、彼ら/彼女らが驚くほどMobile wholesale Arizona Cardinals jerseys museumを“見ていない”ことが明らかになってくる。だがMobile cheap MLB jerseys museumが彼ら/彼女らに“見えていない”わけではない。「このプロジェクトの明確なゴールがわからない」「アピールが足りない」といった意見は、非常に的を射ている。プロジェクトはまだ始まったばかりであり、行く末は前途多難のようだ。

(読むべき本)ハロルド・A・イニス 久保秀幹訳1951=1987『メディアの文明史』新曜社